みらい館大明にてコミュニティダンス

約1ヶ月ほど池袋にあるみらい館大明に滞在し、ほとんどが踊る経験を持たないメンバー6名と一つの作品を創り発表します。元小学校であったというこの場所から、6名の身体から、生まれる時間を楽しんでいただけたら幸いです。

「豊かに幸福な巣」

少し前まで人で賑わう小学校であったこの場所を巣立った人たちは、いまどこで何をして何をまだ夢見て生きているのか。生活を営むために動物たちが巣を作るように、私たちにとっての巣は、巣をはなれるとは、はなれて一体何をしたいのかとこの場所に来ると考えていました。

いつも同じ場所で安心して生きていたくても、自分が予期しないことは起こったり目的を追って新しい場所を探して歩いては知らない何か不安に襲われたり。確かに遠い未来のことは分からないけれど、いま私たちが集って踊り、見ているあなたの隣には今日初めて会ったかもしれない誰かが居たりする、起きていく特別な時間をこの場所で共に過ごすことはとても最高に幸福なことであるように思うのです。

今回ほとんどが初めて踊るという意気込み溢れる身体と4週間近く稽古を重ねていき、初めて会ったときからは信じられないくらいの逞しい踊りが日々生まれていくのを見ると、5月18日という日は私たちにとっていったん巣立ちの日になるのだと覚悟して進むしか道はないようです。

構成・演出・振付 : 磯島未来

出演 : イトーヨーコ、斎藤綾乃、斉藤成美、鈴木友莉香、武井絵里、水野純子

日時 : 2013年5月18日(土) 15:00開演/17:30開演

場所 : みらい館大明
〒171-0014東京都豊島区池袋3-30-8
TEL 03-3986-7186

チケット : 入場無料

問い合せ : kishiidaisuke@gmail.com(岸井)

関連イベント 5月 19日15時〜16時30分
「ポストダンス:豊かなに幸福な巣を創ってみて」by 岸井大輔(劇作家)
コミュニティダンスしてどうだったかを出演者や関係者やまちの人と振り返ります。
ダンス作品やまちづくりについてのトークイベントとしても、舞台作品としてもお愉しみいただけます。

みらい館大明より
〈みらい館大明は、池袋の住民を中心に構成されるNPO法人池袋大明によって管理、運営される閉校利用施設です。〉
私たちは、周辺のみなさんともっと自由に気楽につながりたいと考え、コミュニティ・ダンスの公演を企画しました。
豊島区のあちこちに置かれた出演者募集のチラシを見た、舞踊経験のある方から未経験の方まで、小学生から大人までの多様な6名に、4週間の稽古でダンスを創っていただきました。
演出・振付けの磯島さんは、文化庁予算の研修員として2年間ドイツにダンス留学しています。
仙台在住ですが、この公演の稽古のため1ヶ月池袋に滞在していただきました。今回のダンスは決められた動きを合わせるパートもありますが、スッテプや所作の約束ごとは少なく各自の表現を軸に創られたものです。見ていると、人間の身体ってこんなに自由に動くとができるのだと、
思わぬ表現力に驚かされます。タイトルは「豊かに幸福な巣」。
小学校の閉校施設で公演するのに相応しく小学校を巣に例え、ここから巣立つ意味などを想起させる内容です。