未来.Co 「ラスト ラ ライ」ワークインプログレス

作品の途中を人前へ出すのに勇気を出しています

あなたも見た感触を出していただきたいのです

久しぶりに仙台でダンス作品を創ります。
自分のグループ「未来.Co」ではこれまでいつも女性の身体でダンスの新しい可能性を試してきましたが、今回は男性2名と作業します。男性だけで作品を創ることは私にとって初めての取り組みです。来年3月に予定している本公演に向けてのワークインプログレスとして、この日はそれまでの稽古で生まれ得たものを並べお披露目できるまでに持っていきます。まだまだ作品の途中経過で山は登り始めたばかりですが、登頂前でしか見ることのできない景色を見ることもまた稀な体験であり、皆さまにもこの時間を共有し楽しんで頂ければと思っております。その後、読み取ったこと見て思うことなど、皆さまとお話しできる時間も持ちながら熱いひとときをご一緒したく、このような場と時間を設ける運びとなりました。

2人はいつもは俳優として舞台に立っておりますが、今回は踊っていただきます。
いわゆる「ダンサー」ではない身体でダンスを起こすことが、どれほど大変でどれほど素敵なことか、いまのこの世の中に問うことが必要なことだと思っています。

ぜひ、この機会へお立ち会いください。

構成・演出・振付:磯島未来

出演:小濱昭博 (チェルノゼム)、本田椋 (仙台シアターラボ)

2014年5月19日(月)19:30〜

@せんだい演劇工房10-BOX (box-2)

要予約:mikiisojima☆gmail.com (お手数ですが☆を@に変えて下さい)

参加費:500円(飲み物付)

みやぶんダンスワークショップ

平成26年度みやぶんダンスワークショップ「ダンス広場」
第2期「ボクたちこの夏、走る!飛ぶ!踊る!!」
ボクたちのカラダ、こんなに大きく動くんだ。
いままでちっとも知らずに生きてきた。
だけどいま、知ったからには、踊らなくちゃ。
「ダンス広場」第2期は、小学生のためのダンスワークショップを開催します。
初めてでも大丈夫。みんなで一緒に踊りながらこの夏を発見の日々にしよう!
日時:7月22日(火)・28日(月)・8月11日(月)・18日(月)・25日(月)(全5回)
10:30〜12:00(8月25日のみ14時〜)

※8月30日(土)パフォーマンス13:30〜
成果発表としてやってきたものをパフォーマンス広場で踊ります。
連続受講できる方を優先的に申込を受付けますが、単発受講も可。
会場:仙台市宮城野区文化センター2F

対象:小学生
費用:無料
申込開始日:7月1日から
申込方法:電話またはFAX
問合せ:宮城野区文化センター TEL: 257-1213 FAX: 352-6221
主催:(公財)仙台ひと・まち交流財団
宮城野区文化センター
協力:原町児童館(のびすく宮城野)

鳥の演劇祭 とりっとダンス

5年連続で「鳥の演劇祭」での上演を行うとりっとダンス。鹿野町に住むメンバーを中心に、継続的に活動を行っている集団です。いそじまは今回、鳥の劇場がある鳥取市鹿野町にて3週間のクリエイションを行い上演に向かいます。

「日はまた昇るのなら」
構成・演出・振付:磯島未来

出演:とりっとダンス
天野トニー康平 大河原ボブ翔太 小川ナンシー洋子 川フォンティー美保 佐々木リンダターミー 鈴木ベッキー睦江 竹田ロン健作 西浦ハリー幹茂 長谷川バニーみゆき 畠中ニック翔平 原アンナ朝子 原田ココ洋子 松田ローラ洋子

9月14日(日)15:00
※終演後にアフタートークを行います
料金:大人1,500円/中高生500円/小学生以下無料

企画協力:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
鳥の演劇祭:http://www.birdtheatre.org/engekisai/program/

世界国連防災会議「歩く、話す、身体との対話」

第3回国連防災世界会議が 2015 年3月に 仙台市 で開催されます 。
これに先駆けて 2014年10月1 2日~ 11月22日の間に、仙台アーティスたちと市民による 「観る」「創る」「体験する」をテーマとした 6つのプログラムと 1つのシンポジウムが開催されます。
「歩く、話す、身体との対話」プログラム を今回担当し、参加者と共に宮城野区五輪周辺を歩いたり 身体を動かし ながら、ひとりひとりの被災体験をふりかえり、 これからの未来を改めてじっくり考える時間を市民 の皆さんと一緒に「創る」内容になっております。
各リハーサル及び 本番日にはトークゲスを交えて の座談会 を予定しております 。

◆日時
2014年 10 月12 日(日)
13:00~17:00

プログラム内容:
宮城野区中央市民センター に集合。 榴岡公園 まで 歩き身体を動かした後、疲れがほぐ れるよう身体を伸ばす運動してから 、原町商店街を通って 宮城野区中央市民センター に戻り、広場で再び身体を動かした後、第1会議室でのアフタートーク を行います。

◆プログラム実施 に向けてのリハーサル
① 9/26 (金)
宮城野区中央市民センター第3会議室/9時~ 12 時

② 10/2(木)
宮城野区中央市民センター第3会議室/18 時~ 21 時

③ 10/10(金)
宮城野区中央市民センター第1会議室/13 時~ 16 時

④ 10/10 (金)
宮城野区中央市民センター第1会議室/18時~ 21 時

※① ・②・③・④ のいずれか いずれか 1回 以上

◆トークゲスト
9/26 (のびすく宮城野)児童館職員 向井春樹

10/2 JR陸前原ノ町駅長 小林真哉

10/10 アミューズおひさま代表理事 平塚香代子、宮城野区文化センター館長 齋藤邦彦

10/12 原ノ町商店街会長 志羽久 法雄、JR陸前原ノ町駅長 小林真哉、宮城野区文化センター館長 齋藤邦彦

◆会場 :宮城野区中央市民センター
〒983-0842 宮城野区五輪2丁目12番70号
●JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 ●仙台市営バス・宮城交通 宮城野区役所前バス停下車
●専用駐車場 車90台有料、バイク10台無料

◆参加申込 メールアドレス・ FAX
(せんだい演劇工房10- BOX)
メール :contact@gekito.jp
FAX:022-235-8610

住所・ 氏名連絡先電話番号リハーサル 参加可能 日を明記してお申込みください。
※参加者定員は30名程度を予しておりますので、定員になり次第締め切らせいただき。

◆問い合わせ:
せんだい 演劇工房10 -BOX
☎ 022-782-7510

◆参加費は無料です

主催:仙台市、(公財)仙台市市民文化事業団
協力:仙台市市民活動サポートセンター
企画制作:ARCT
後援:第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会

鮫町を語る会

生まれて育った町、八戸は鮫町で開催される「鮫町を語る会」に呼んでいただき、ソロを踊ることになっております。
母校の小学校の体育館で、 知っている人にも知らない人にも見られながら、どこまで行けるかトライします。

日時:2014年10月19日(日) 13:00

場所:鮫小学校体育館

出演:シャンソン上野郁子、 ダンス 磯島未来、鮫神楽、鮫小学校生による器楽演奏・作文朗読

主催:鮫町振興会

問合せ:上平昭一(0178−33−0689

未来.Co「月を運ぶ」

2012年はちのへ演劇祭で上演した「月を運ぶ」がフルバージョンで、未来.Co仙台で初の上演を迎えます。
仙台に移住して初の単独公演。オーロラに旅してきたメンバーと仙台メンバー、そして新しく出会った方々と製作していきます。
会場は以前踊りに行くぜ!!vol.2仙台で滞在製作した際に稽古場として使わせていただいたハトの家倉庫。
これから公演詳細は徐々にお知らせしていきます!

未来.Co 第3回公演

「月を運ぶ」

もしここに   がいなかったら、と新しい世界を生きていく。
無くても生きられる恐いことに、そんなに単純でそうなのか。

誰かのため、なんていう綺麗事は持たないで
ただしたくてそうしただけだと認められたらどんなに良いか。

無くて成立出来ても無くて崩れるときもあり
早くそのことに気付けられたら良かったのに、と
それでも気付けただけ幸せの時間は遠くどこまでも澄んで見える。  (2012年初演当日パンフレットより)

構成・演出・振付:磯島未来
出演:岩佐理恵、遠藤綾野、斎藤麻里子、磯島未来

日時 : 2014年11月7日(金)19:30、8日(土)15:00、9日(日)15:00
※開場は開演の30分前

場所 : ハトの家倉庫
仙台市若林区卸町2丁目15-6

料金:
一般前売:2,500円/当日3,000円
学生:1,500円(前売のみ)
☆リピーター割(2回目以降)一般:1,000円/学生500円

照明:木藤歩
音響:本儀拓(キウイサウンドワークス)
舞台監督:澤野正樹
美術:大沢佐智子
衣装:富永美夏
アシスタント:川瀬雅、安達詩穂、田端春花
広報デザイン:川村智美
記録映像:漆田義孝
制作:千田優太

アフタートーク
11月7日 金野伸介(株式会社瀬戸屋)×長内綾子(TRUNK)×八巻寿文(せんだい演劇工房10-BOX)
11月8日 松村翔子(仙台市市民活動サポートセンター)×菅野陽子(岡田手づくりアグリの会)
11月9日 吉川由美(プロデューサー、演出家、ENVIS代表)

ドットコ倉庫開き(舞台現場体験)
未来.Coの作品創作過程を見学し、独創的な創作現場を体験してみませんか?
11月4日(火) 19:00-21:00 舞台仕込み(主にスタッフ向け)
11月5日(水) 15:00-17:00 稽古(主に演出家・振付家・ダンサー向け)

定員:各20名(先着順)/参加費500円 ※「月を運ぶ」公演チケットをお持ちの方は無料

予約/問合せ
miraidottco@gmail.com

主催:未来.Co
助成:(公財)仙台市市民文化事業団
後援:(公財)宮城県文化振興財団
協賛:南部電機株式会社
協力:せんだい演劇工房10-BOX 協同組合仙台卸商センター StudioGOO boxes Inc.
ARCT 短距離男道ミサイル 特定非営利活動法人メディアージ

未来.Co 「ラスト ラ ライ」

未来.Co 第4回公演

「ラスト ラ ライ」

のめりこむと周りが見えなくなる事態に陥って、出口を見つけようともがいてもそこはいつも明るいとは限らない。
ジャン・ジュネの有名な戯曲「女中たち」から出発したこの作品は、言葉に多分な意味を込めず出口に向かって身体を進めてはいくものの、嘘か本当かも分からなくなる世界の中で幕を閉じていった姉妹の物語を追い掛けるように、いよいよ見える出口が明るくてもたとえ暗くても、行ったり来たりと本当を探す純粋な行為の時間。

昨年5月のワークインプログレスから約1年、いまは成熟しているのか疑いと期待で今回の目的地を目指す。

構成・演出・振付:磯島未来

出演:小濱昭博、本田椋、三澤一弥

期間
2015年4月2日(木)〜5日(日)

時間と組み合わせ
■=小濱昭博×本田椋+三澤一弥
○=小濱昭博×三澤一弥+本田椋
2日(木)19:30○
3日(金)15:00○ 19:30■
4日(土)15:00■ 19:00○
5日(日)15:00■   (全6回公演)

会場
せんだい演劇工房10-BOX  box-3
一般前売 2,000円/当日 2,500円
学生(前売のみ) 1,500円
二回券(予約のみ) 一般3,000・学生2,500円
チケット発売開始:2月15日(日)

客席:15席程度

チケット予約/問い合わせ先:miraidottco@gmail.com

美術指導:長崎由幹
音響協力:本儀拓
舞台監督:澤野正樹
記録映像:細谷修平
広報・制作:千田優太 川村智美

主催:未来.Co
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団
協力:ARCT 仙台シアターラボ 短距離男道ミサイル

未来.Co 【ダンストラック/六本木アートナイト】

トラックでさまざまな都市とネットワークし、街中の空き地の有効活用、ダンスにおける新たなmobility(機動性・移動性)を探る「ダンス・トラック・プロジェクト」。10組のダンスアーティストたちがトラックの極小スペースの特異な上演状況や都市の景観からインスパイアされたパフォーマンスを展開します。

日時:2015年4月25日(土) 20:00 〜 4/26 4:00

場所:六本木ヒルズ66プラザ

出演:白井 剛、MOKK、鈴木ユキオ、Jon(犬)、向雲太郎、未来.Co、AEROBIX、新宅一平、中村 蓉×豊福彬文、北尾 亘

企画:全日本ダンストラック協会、NPO法人Offsite Dance Project
http://dance-truck.jp/

六本木アートナイト
http://www.roppongiartnight.com/2015/programs/370/