世界国連防災会議「歩く、話す、身体との対話」

第3回国連防災世界会議が 2015 年3月に 仙台市 で開催されます 。
これに先駆けて 2014年10月1 2日~ 11月22日の間に、仙台アーティスたちと市民による 「観る」「創る」「体験する」をテーマとした 6つのプログラムと 1つのシンポジウムが開催されます。
「歩く、話す、身体との対話」プログラム を今回担当し、参加者と共に宮城野区五輪周辺を歩いたり 身体を動かし ながら、ひとりひとりの被災体験をふりかえり、 これからの未来を改めてじっくり考える時間を市民 の皆さんと一緒に「創る」内容になっております。
各リハーサル及び 本番日にはトークゲスを交えて の座談会 を予定しております 。

◆日時
2014年 10 月12 日(日)
13:00~17:00

プログラム内容:
宮城野区中央市民センター に集合。 榴岡公園 まで 歩き身体を動かした後、疲れがほぐ れるよう身体を伸ばす運動してから 、原町商店街を通って 宮城野区中央市民センター に戻り、広場で再び身体を動かした後、第1会議室でのアフタートーク を行います。

◆プログラム実施 に向けてのリハーサル
① 9/26 (金)
宮城野区中央市民センター第3会議室/9時~ 12 時

② 10/2(木)
宮城野区中央市民センター第3会議室/18 時~ 21 時

③ 10/10(金)
宮城野区中央市民センター第1会議室/13 時~ 16 時

④ 10/10 (金)
宮城野区中央市民センター第1会議室/18時~ 21 時

※① ・②・③・④ のいずれか いずれか 1回 以上

◆トークゲスト
9/26 (のびすく宮城野)児童館職員 向井春樹

10/2 JR陸前原ノ町駅長 小林真哉

10/10 アミューズおひさま代表理事 平塚香代子、宮城野区文化センター館長 齋藤邦彦

10/12 原ノ町商店街会長 志羽久 法雄、JR陸前原ノ町駅長 小林真哉、宮城野区文化センター館長 齋藤邦彦

◆会場 :宮城野区中央市民センター
〒983-0842 宮城野区五輪2丁目12番70号
●JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 ●仙台市営バス・宮城交通 宮城野区役所前バス停下車
●専用駐車場 車90台有料、バイク10台無料

◆参加申込 メールアドレス・ FAX
(せんだい演劇工房10- BOX)
メール :contact@gekito.jp
FAX:022-235-8610

住所・ 氏名連絡先電話番号リハーサル 参加可能 日を明記してお申込みください。
※参加者定員は30名程度を予しておりますので、定員になり次第締め切らせいただき。

◆問い合わせ:
せんだい 演劇工房10 -BOX
☎ 022-782-7510

◆参加費は無料です

主催:仙台市、(公財)仙台市市民文化事業団
協力:仙台市市民活動サポートセンター
企画制作:ARCT
後援:第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会

鮫町を語る会

生まれて育った町、八戸は鮫町で開催される「鮫町を語る会」に呼んでいただき、ソロを踊ることになっております。
母校の小学校の体育館で、 知っている人にも知らない人にも見られながら、どこまで行けるかトライします。

日時:2014年10月19日(日) 13:00

場所:鮫小学校体育館

出演:シャンソン上野郁子、 ダンス 磯島未来、鮫神楽、鮫小学校生による器楽演奏・作文朗読

主催:鮫町振興会

問合せ:上平昭一(0178−33−0689